「外国人技能実習制度」を創設。

(1993年)

外国人技能実習制度は1993年に創設され、
同年4月に
「技能実習制度推進事業運営基本方針」が
公示されています。

当初は、「研修生」という身分で入国し、
一定水準のスキルを獲得した後、
企業と雇用関係を締結し、
実務経験を積むという仕組みでした。

http://www.data-max.co.jp/290908_knk_01/

コメント