【ヴェネツィア】史上初の著作権法が成立。

(1545年)

book_law_hou.png

最初の著作権法はヴェネツィアにおいて1545年に制定されている。

この当時、作家やその後援者などの代理人への権利の保護は、
作品ごとに特許の請求として行われた。

エリザベス・アームストロングによると、
「ヴェネツィア共和国は1486年に、
その最初の特権をある本に与えた。」

「ヴェネツィアは1492年に
特定の本に対して特権を与え始めた。

最初は、その年の1月3日に、
パドヴァ大学の教会学の教師である
ペトルス・フランシスカス・デ・ラベンナに与えられた。

彼は記憶力を鍛える方法を提案し、
それをFoenix77と言う題名の本に書いた。」

最初に著作権法を制定したのは、
このイタリアのヴェネツィアであった。

ヴェネツィア共和国において、
フィレンツェ公爵とレオ10世教皇や他の教皇は、
古典的著者の作品に特定の期間 (稀に14年を越え)、
特定の印刷業者に、
印刷を行う排他的特権を何度か与えた。

これは印刷業者の利益を大きく守るというものではなく、
どちらかと言うと公共の利益、
すなわち、一部の編集者と印刷業者が
文学的な投資を行うことを促すためのものだった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/著作権の歴史

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヴェネツィア共和国

コメント