マチューナスによる「フルクサス」宣言

(1963年)

ジョージ・マチューナスによる「フルクサス」宣言その顔ぶれはヤングとその仲間たち。ジョージ・ブレヒトらケージの弟子たち。オノヨーコら日本のパフォーマー達。そのメンバ―構成は流動的で一時的な関わりだけでの人も多く、むしろ巡回社交クラブのような面もあった。マチューナスはブルトンさながらの動きをとり、メンバーの放逐、パフォーマンスの命令(必ず守られたわけではない)などを行った。

コメント