ルイジ・ルッソロ「騒音芸術」

(1913年)

イントナルモーリ(騒音発生装置)と名づけられた特別性の機械を用いて、彼は奇怪な音やサイレンの音を作り出し、「大都市の目覚め」(1913年)のような交響音楽的作品のなかで機械のユートピアを演じた。これらの試みはヨーロッパ中をまわるコンサートツアーで公開されたが、そのすべてが大成功を収めたわけではなかった。
blogger-image-249244386.jpg

blogger-image--2101121687.jpg

blogger-image-537601141.jpg

blogger-image-729809865.jpg

blogger-image-1901147560.jpg

コメント