トリスタン・ツァラによる「ダダ宣言」(第2ダダ宣言)

(1918年)

「ダダは何も意味しない…新聞によればクルー族の黒人は聖なる牛の尾をダダと呼ぶ。立方体と母親は、イタリアのある地方ではダダと呼ばれる。それは玩具の木馬や乳母を指す語でもあり、ロシア語とルーマニア語では二重の肯定もまたダダである。」

コメント