パンジャマン・ペレの「実行行動による宣伝活動」

(1926年12月01日)

シュルレアリストのパンジャマン・ペレがカトリック教司祭に向かって罵倒を投げかける様が「シュルレアリスム革命」第8号に載る
ここには「実行行動による宣伝」の影響がうかがえる。体制の腐敗を暴き、体制を危機に陥れるために、もっと暴力的な無政府主義者たちが展開していた無差別の爆破事件、権威的な地位にある用心の暗殺が「実行行動による宣伝活動」だった

コメント