デニス・オッペンハイム「salt flat」

(1968年)

blogger-image-498849182.jpg

オッペンハイムは、454kgの塩をアスファルト上の長方形にまいた。同僚の塩が、30×30×60cmの家畜用岩塩の形でバハマ沖の海底に運ばれた。同じ分量となるように、ユタ州ソルトレークの砂漠が深さ30cmまで掘られた。これらの模様は写真と地形図の形で記録され、画廊に展示された。

コメント