ジョージ・マチューナス{アドリアーノ・オリヴェッティ追悼}

(1961年)

マチューナス構成のイベント{アドリアーノ・オリヴェッティ追悼}10名の参加者それぞれがオリヴェッティの計算機で使用済みのロール状の紙を持ち、つぎに帽子を持ち上げ、そして傘を広げてから前かがみになるといった指示、ロールに書いてある数字によってそれぞれの行為が決まる、成り行きまかせ、気まぐれ、不条理好みの「フルクサス」の典型的パフォーマンスだった。

コメント