イヴ・クライン、初の展覧会

(1955年)

コメント