新日本プロレス年表とテクノアンセム年表の比較

年代 新日本プロレス年表 テクノアンセム年表
1972年
昭和47年

新日本プロレスリング株式会社設立。

(1972年01月13日)

加レスラーはアントニオ猪木、山本小鉄、藤波辰巳、木戸修 らの…

大田区体育館で旗揚げ戦を行う。

(1972年03月06日)

メインイベントはアントニオ猪木vsカール・ゴッチの時間無制限1…

1973年
昭和48年
1974年
昭和49年
1975年
昭和50年

NWAに加盟。

(1975年)

1976年
昭和51年

格闘技世界一決定戦が行われる。アントニオ猪木対モハメド・アリ。引き分けに終わった。

(1976年06月26日)

試合のルールはほとんどのプロレス技が反則となる、猪木にとっ…

1977年
昭和52年
1978年
昭和53年
1979年
昭和54年
1980年
昭和55年

IWGP(インターナショナル・レスリング・グランプリ)構想を発表。

(1980年04月)

NWFヘビー級、NWA北米タッグなど新日本プロレスが管理する王座…

1981年
昭和56年
1982年
昭和57年
1983年
昭和58年

第1回IWGPリーグ戦を開催。

(1983年05月)

ハルク・ホーガンが有償。猪木をアックスボンバーで失神KOした。

1984年
昭和59年

第2回IWGPリーグ戦でアントニオ猪木がホーガンを倒し優勝。

(1984年06月14日)

長州力の乱入からリングアウト勝ちという不透明な決着となり観…

1985年
昭和60年
1986年
昭和61年

新日本プロレス学校開設。

(1986年)

2年後に閉鎖するも、ディック東郷などのプロレスラーを輩出。

The House Master Boyz And The Rude Boy Of House - House Nation [Dance Mania]

(1986年)

ハハッ!ハハッ!ハハッ!ハゥスネーション!ってサンプル、み…

Mr. Fingers - Can You Feel IT [Trax]

(1986年)

この"In the beginning, there was Jack, and Jack had a …

1987年
昭和62年

アントニオ猪木対マサ斎藤戦で『海賊男』が乱入した試合内容に対してファンが暴動を起こす。

(1987年03月26日)

海賊男は1987-1988にかけて新日本プロレスに登場した覆面レスラ…

前田日明が6人タッグ戦で長州力の顔面を蹴り欠場に追い込む。

(1987年11月19日)

前田日明は新日本プロレスに無期限出場停止処分となった。

たけしプロレス軍団が登場する。

(1987年12月27日)

ビッグバン・ベイダーにアントニオ猪木が3分弱で敗れ、暴動がお…

Rhythm Is Rhythm - Strings Of Life [Transmat]

(1987年)

アンセムオブアンセム。

1988年
昭和63年
1989年
昭和64年

アントニオ猪木が衆議院議員選挙にスポーツ平和党から出馬し当選。

(1989年)

新日本プロレスの社長を坂口征二に譲る。

Lil Louis - French Kiss [Diamond]

(1989年)

史上最もブレイクがエロいダンスミュージック。

1990年
平成2年

坂口征二が引退

(1990年03月15日)

新日本プロレス、全日本プロレス、WWF(現WWE)による合同興行「日米レスリングサミット」を開催。

(1990年04月13日)

第1試合 6人タッグマッチ20分1本勝負 ダグ・ファーナス、…

LFO - LFO [Warp]

(1990年)

1991年
平成3年

Bizarre Inc. - Playing With Knives [Vinyl Solution]

(1991年)

当時の良さが凝縮されたすばらしい曲。

1992年
平成4年

Underground Resistance - World 2 World [Underground Resistance]

(1992年)

AmazonとJupiter Jazz収録。

1993年
平成5年

初の福岡ドーム興行開催

(1993年05月03日)

Plastikman - Spastik [Novamute]

(1993年)

これのスネアが聴こえてくるだけで大抵のテクノフリークはフロ…

Millsart - Step To Enchantment (Stringent) [Axis]

(1993年)

ハードミニマルの萌芽。

1994年
平成6年

Warp 69 (a.k.a. Alter Ego) - Natural High [Fresh Fruit]

(1994年)

今のAlter Egoからは考えられないくらい爽やかで浮遊感のある曲。

DJ Funk - Pumpin' Tracks EP [Cosmic]

(1994年)

Knock KnockとPump It収録。シカゴミニマル。

[-] Basic Channel - Phylyps Trak II/II [Basic Channel]

(1994年)

今なお多くのコンポーザーに影響を与え続けるBasic Channelの一…

1995年
平成7年

Ken Ishii - EXTRA [R&S]

(1995年)

日本のテクノフリーク永遠のアンセムその1. 動画も必見!

Underworld - Born Slippy NUXX [Junior Boy's Own]

(1995年)

色褪せぬアンセム。

Regis - Speak To Me [Downwards]

(1995年)

一大シーンを築き上げるインダストリアル・ハードミニマルの始…

1996年
平成8年

Jeff Mills - The Bells [Purpose Maker]

(1996年)

脂の乗った宇宙人。

Adam Beyer - Compressed [Drumcode]

(1996年)

スウェディッシュミニマルの台頭。

1997年
平成9年

Cari Lekebusch - Steka Å Hala [Drumcode]

(1997年)

伝説のDrumcode10番。

Cristian Vogel - (Don't) Take More (Jamie Lidell Remix) [Tresor]

(1997年)

ノーフューチャーをこじらせてハードミニマルと融合。狂気のア…

Studio 1 - Studio 1 [Studio 1]

(1997年)

ケルンミニマル。クリックテクノの先駆け。

1998年
平成10年

長州力が引退。

(1998年01月04日)

アントニオ猪木が引退。

(1998年04月04日)

ドーム興行としては最高の70,000人を記録。

The Advent - In Search [Kombination Research]

(1998年)

快作だらけのThe Advent. 脂が乗っている頃のをひとつ。

Ben Sims, Phil Vernol, Rob Jarvis - Killa Bite 1 [Killa Bite]

(1998年)

トライバル・ハードミニマルの萌芽。

Bola - Soup [Skam]

(1998年)

1999年
平成11年

蝶野正洋対大仁田厚戦が団体としては初となるノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ形式で行われる。

(1999年04月10日)

ただし団体側は公式試合としてこれを認めず「第0試合」としてい…

2000年
平成12年

橋本真也の解雇を発表。

(2000年11月13日)

Ben Sims - Manipulated (Adam Beyer Remix) [Primate]

(2000年)

2000年の暮れにでて、2001年のテクノ系パーティーの大半でかか…

Luomo - Tessio [Force Tracks]

(2000年)

趣味で入れました。至高のディープテックハウス。

Oliver Ho - Listening To The Voice Inside [Meta]

(2000年)

初期Metaの集大成。儀式的ハードミニマル。

Devilfish - Man Alive [Bush]

(2000年)

Watch Me Now + Good Life. アンセム+アンセム=アンセム。

2001年
平成13年

Vitalic - La Rock 01 [International Deejay Gigolo]

(2001年)

ジゴロ・イヤー最大のヒット曲。

[-] Surgeon - Death Before Surrender [Downwards]

(2001年)

インダストリアルハードミニマルの完成。

Kagami - Tokyo Disco Music All Night Long [Frogman]

(2001年)

日本のテクノフリーク永遠のアンセムその2.

2002年
平成14年

長州力が退団。

(2002年05月)

Renato Cohen - Pontapé [Intec]

(2002年)

2002年最大のヒット曲。

Akufen - My Way [Force Inc.]

(2002年)

カットアップの衝撃。

John Starlight - Blood Angels [Superstar]

(2002年)

2000年代ブリープ/アシッドリバイバルの先駆け。

Tomaz vs. Filterheadz - Sunshine [Intec]

(2002年)

プログレッシヴハウス・ミーツ・テクノ。

2003年
平成15年

木村健悟が引退。

(2003年04月18日)

経営コンサルタントの草間政一が代表取締役社長に就任。

(2003年06月)

前社長の藤波辰爾は代表取締役副会長に就任。

Cave - Street Carnival [Ingoma]

(2003年)

2003年最大のヒット曲その1.

James Holden - A Break In The Clouds [Border Community]

(2003年)

テクノシーンに対して彗星のごとく現れ、影響を与えまくったサ…

DK8 - Murder Was The Bass (Reworked) [DK]

(2003年)

2003年最大のヒット曲その2.

Mauro Picotto & Ricardo Ferri - New Time, New Place / Alchemist [Primate]

(2003年)

トランス・ミーツ・ハードテクノ。

Luciano & Quenum - Orange Mistake [Cadenza]

(2003年)

シーンに対してミニマルが支配的になった象徴とも言える曲。Cad…

LFO - Freak [Warp]

(2003年)

2004年
平成16年

Alter Ego - Rocker [Klang]

(2004年)

2004年最大のヒット曲。あらゆるテクノDJがかけまくった。

Joris Voorn - Incident [SINO]

(2004年)

Joris Voornを一躍超有名にした曲。

2005年
平成17年

Richie Hawtin - The Tunnel [M_nus]

(2005年)

複数の楽曲を組み合わせて新たな曲を作る試み。

Adam Beyer - A Walking Contradiction [Plus 8]

(2005年)

ハードミニマル/ハードテクノ時代の終焉の始まり。

Âme - Rej [Sonar Kollektiv]

(2005年)

2005年のアンセム。

2006年
平成18年

Claude Vonstroke - Who's Afraid of Detroit? [Dirty Bird]

(2006年)

2006年のアンセム。

2007年
平成19年

Dubfire - Emissions [M_nus]

(2007年)

Dubfireイヤーを象徴する一曲。

We Can Do It - Der Geist In Der Muschel [We Can Do It]

(2007年)

攻殻機動隊ネタミニマル。

2008年
平成20年

Radio Slave - Grindhouse (Dubfire Terror Planet Remix) [Rekids]

(2008年)

2008年最大のヒット曲だけどキャッチーさ皆無。

2009年
平成21年

“レッスルキングダムIII in 東京ドーム”を開催。

(2009年01月04日)

全日本プロレス、プロレスリング・ノア、TNAなどから選手が参戦…

蝶野正洋25周年特別興行“ARISTRIST IN 両国国技館”を開催。

(2009年10月12日)

闘魂三銃士と四天王の豪華共演が実現した。

CMLLと業務提携。

(2009年11月)

Dustin Zahn - Stranger (To Stability) (Len Faki Podium Mix) [Rekids]

(2009年)

ミニマル時代にありながら、珍しくキャッチーなフレーズを持つ…

Planetary Assault Systems - Temporary Suspension [Ostgut Ton]

(2009年)

ハードミニマルの復権なるか。

2010年
平成22年

蝶野正洋が退団。

(2010年01月)

スーパーJカップ5th STAGEを開催。

(2010年01月04日)

プロレスリング・ノア、CMLL、TNAからチーム3D、そしてテリー・…

Scuba - Glance [Hotflush]

(2010年)

ダブステップがテクノに接近その1.

Jahcoozi - Read The Books (Ikonika Remix) [BPitch Control]

(2010年)

ダブステップがテクノに接近その2.

Joris Voorn - The Secret [Cocoon]

(2010年)

ディスコテクノの復権なるか。