熊沢英昭容疑者が、川崎市の殺傷事件のようになるのを止めるため殺したと供述。

(2019年06月03日)

police_torishirabe.png

自宅で長男を包丁で刺したとして
殺人未遂の疑いで逮捕された
元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)=東京都練馬区=が

「川崎市であった殺傷事件のように
子どもに危害を加えてはいけないから殺した」
という趣旨の供述をしていることが、
捜査関係者への取材で分かった。

小学校の運動会に「うるさい」

捜査関係者によると、
殺害された無職の長男英一郎さん(44)は
自宅の部屋に引きこもりがちで、
家庭内暴力や家族への暴言があったといい、

熊沢容疑者は

「以前から身の危険を感じていた」

とも供述している。

事件の数時間前には、
自宅に隣接する小学校の運動会について、
英一郎さんが「うるさい」と言い、
不機嫌になり、
熊沢容疑者と口論になっていたという。

https://news.line.me/issue/oa-tokyoshimbun/43923541761d?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=FvP59549396227

コメント