【中国遼寧省公安】甥の水田昌宏さんら2名を拘束

(2002年10月30日)

北朝鮮難民救援基金加藤博事務局長ら解放

すでにニュースで何度も報じられていますが
11月6日に中国当局より解放され
日本に戻った北朝鮮難民救援基金の加藤博事務局長は
7日午後2時、外務省を訪問し、
中国官憲により逮捕された10月30日から、
解放された11月6日までに体験した事柄の
詳細を報告しました。

以下は加藤さんと
北朝鮮難民基金による要求
および今回の事件の概要です。

ちなみにもう1人拘束され、
解放された水田昌宏さんは
小池百合子拉致議連副会長の甥でした。

小池副会長は「もし甥が北朝鮮に連れていかれたなら
私も家族会に入らないといけないのかしら」
と言っていましたが、幸い冗談ですみました。

http://www.sukuukai.jp/houkoku/log/200211/02-11-08.htm

-------------------------

中国大連市で
中国公安当局に身柄を拘束されていた
NGO北朝鮮難民救援基金の加藤博事務局長(57)と、
通訳の水田昌宏さん(30)の2人が釈放される。

吉林省の延辺大学留学生の水田さんは
引き続き在留を許可されたが、
加藤さんは国外退去処分を受け帰国。

帰国した加藤さんは、
公安当局で40cm四方の椅子に
手錠で四六時中縛られるという拷問を受けた
と証言するが、中国側は拷問を否定。

蓮池透さんが「日本のメディアなのだから、
日本人を返せと強く訴えてもらいたい」
とマスコミの節操のない報道を批判。

(テレ朝系ワイドスクランブル)

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Euro/1880/process_0211_1.html

-------------------------

コメント