「団塊の世代」が75歳以上の後期高齢者となる。(2025年問題)

(2025年)

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる年です。

日本は急速な高齢者が問題でした。

しかし25年以降は、2200万人、
4人に1人が75歳以上という
超高齢社会が到来します。

これまで国を支えてきた団塊の世代が
給付を受ける側に回るため、
医療、介護、福祉サービスへの需要が高まり、
社会保障財政のバランスが崩れる、
とも指摘されています。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/seikatuzukan/2014/CK2014020502000184.html

コメント