小説『闇の眼』が発売。(「武漢-400」という生物兵器が登場する)

(1990年06月)

book_yogensyo.png

40年前のアメリカの小説『闇の眼』に出てきた
史上最強の創造上の生物兵器は
中国武漢の研究室で作られた。

その兵器の名前は「武漢 - 400」

https://indeep.jp/in-1981-powerful-biological-weapon-wuhan-400-is-born/?fbclid=IwAR0kcjURC8xk6zFIF30haekdWYd_ghk_4s22Zp1i7zrGgZormhp7JpRsrKw

闇の眼 (光文社文庫) (日本語) 文庫 – 1990/6
ディーン R.クーンツ (著), 松本 みどり (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/闇の眼-光文社文庫-ディーン-R-クーンツ/dp/4334760449

コメント