【台湾英文新聞】二酸化硫黄の増加は、武漢の大量火葬の兆候である可能性がある。

(2020年02月10日)

syoukyaku_drum.png

二酸化硫黄の増加は武漢の大量火葬の兆候である可能性
By Keoni Everington, Taiwan News, Staff Writer 2020/02/10 12:23

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&tl=ja&u=https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3874013

風の強い地図は
武漢からのSO2排出量のスパイクを示し、
おそらく火葬の増加を示しています

TAIPEI(Taiwan News)—

日曜日(2月9日)のWindy.comからのデータは、
新規コロナウイルス(2019-nCoV)の震源地である武漢周辺の
二酸化硫黄レベルが上昇していることを示し、
一部は質量の兆候であると推測しています
致命的な病気の犠牲者の火葬。

日曜日に、
Windy.comマップの画像が
ソーシャルメディアに表示され始め、

重度の二酸化硫黄が放出されていることを示しました。

中国の他の都市では
重慶を除いて
同様の濃度を示していません。

過去数週間にわたり、
武漢ウイルスによる死者数は増え続けており、
真の数が抑えられているように見えるため、
武漢では焼却棟の
不均衡な使用の説明と
事例証拠がありました。

Intelewaveは日曜日に、
Windy.comの武漢の地図で
二酸化硫黄レベルが1700ug / m ^ 3に上昇し、
危険レベルの80ug / m ^ 3をはるかに超えていることを示す画像を
Twitterで共有しました。

Intelewaveは、
この排出量の増加について
考えられるいくつかの説明をリストアップしました。

最初のものは発電所です。

しかし、その日、
中国の他の多数の発電所のどれも、
これほど多くの発電を行っていませんでした。

提案された2番目の可能性は、
ごみと動物の死体の焼却でしたが、
著者は、ごみを埋める標準的な慣行とは対照的に、
なぜそのような焼却が行われるのか疑問に思いました。

提案された3番目の可能性は、

「死体は
都市の郊外で燃やされており、

死者数は
CCPが許容しているよりもはるかに多く、
事態は本当にひどい」

というものでした。

あるネチズンは、
このような高レベルのSO2に達するには
14,000体の燃焼が必要だ
とさえ計算しました。

米国ジョージア州公衆衛生局によると、
焼却場は
SO2以外にも
「水銀、ダイオキシン、塩酸、窒素酸化物、一酸化炭素、ダイオキシン」などの
多種多様な化学物質を放出しています。

TwitterユーザーのVet Watchingは、
SO2レベルの上昇は、
汚染された医療廃棄物の大量燃焼によっても説明できる
と指摘しました。

環境科学者のホルヘ・エマニュエル博士は、
医療用品の燃焼により

「フライアッシュ、ヒ素、クロム、銅、水銀、鉛などの重金属、
酸性ガスなどの多くの汚染物質が放出される」

と述べています。

塩化水素、フッ化水素、二酸化硫黄、窒素酸化物、一酸化炭素、有機化合物。」

コメント