【政府専門家会議】「感染の確認されていない地域では、自粛を解除してもよい。」

(2020年03月19日)

kaigi_man2.png

新型コロナウイルスの対策について
政府の専門家会議が
19日夜示す見解の概要が判明し、

地域の感染状況に応じて進めていく必要があるとして、
感染が拡大している地域は
引き続きイベントの自粛が必要だ
と指摘しています。

一方で
感染が確認されていない地域では
学校活動や屋外でのスポーツ観戦など
一部の自粛を解除してもよいとしています。

政府の専門家会議は
19日夜の会合で、
大規模イベントの自粛や
学校の一斉休校など
新型コロナウイルス対策の現状分析や
提言を盛り込んだ見解を
まとめることにしています。

国内の感染状況

見解では国内の状況について、
感染者の集団=クラスターが各地で発生し、
都市部を中心に新規の感染者が増えている
としています。

そのうえで
今月9日に示した見解と同様、
一定程度持ちこたえられている状況が続いているものの、
一部の地域で感染拡大が継続していて、
全国に拡大すれば、
『オーバーシュート』と呼ばれ
る爆発的な感染拡大を伴う、
大規模流行につながりかねない
と指摘しています。

このため、
換気の悪い密閉空間で、人が密集し、
近距離での会話が行われるとい
う3つの条件が重なる場所を
避ける努力をするよう求めています。

地域の状況で検討

そして、
今後の感染拡大防止策は
地域の感染状況に応じて
進めていく必要があるとして、
感染が拡大している地域は、
時期や期間を十分に見極めたうえで、
緊急事態宣言や
一律自粛の必要性を
適切に検討するとしています。

また感染が収束に向かい始めている地域は、
リスクの低い活動から
徐々に解除を検討したうえで、
感染拡大の兆しがみられたら、
再び活動を停止し、
感染が確認されていない地域は、
学校活動や屋外でのスポーツ観戦、
文化施設の利用など
感染拡大のリスクの低い活動から
解除してもよいとしています。

大規模なイベント

一方、全国規模の大規模なイベントの開催は、
主催者がリスクを判断して
慎重な対応が求められるとしています。
主催者がどうしても開催する場合は、
換気が悪かったり、
座席間隔が近かったりするなど、
リスクが高い状況は徹底的に回避し、
対応が整わない場合は
中止や延期をする必要がある
としています。

学校の対応

また、臨時休校が続く
学校への対応については

春休み明け以降、
多くの子どもたちや教員が
日常的に長時間集まると
感染するリスクが高まるとして
近い距離での会話や大声での発声を
できるだけ控えるなどの対応をとるとともに、
感染が広がっている地域では、
分散登校が考えられる
としています。

医療体制

さらに、
医療体制については
重症者を優先する体制に
迅速に移行していくため、

症状が軽い患者や
無症状の感染者は自宅療養とし、
重症化リスクの高い人や高齢者、
それに基礎疾患のある人は
早めに受診してもらうほか、

入院の対象は

軽症者は
一般病院、

重症者は
感染症指定病院で受け入れるなど
病院間での役割を明確にする

などとしています。

コメント