ウィリアム・ペティの著書「政治算術」が刊行。

(1690年)

graph12_kaisou.png

政治算術は、
17世紀後半にジョン・グラント(英語: John Graunt)により発明され、
グラントの盟友であったウィリアム・ペティによって広められ、
18世紀には広く使われた。

「政治算術」という言葉は、
1670年代に執筆されて
没後の1690年に刊行されたベティの
同名の著書に由来している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/政治算術
-------------------------------
日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Sir William Petty(1623―1687)

イギリスの経済学者。

南イングランドの小都市ラムジーの織元の子として生まれる。

14歳のころ水夫となってフランスに渡り、
イエズス会のカレッジなどで各種の語学、航海術などを学んだ。

(中略)

経済学者としては、
国家主導による国富増進を唱えて、
海運、植民政策、公信用を重視したことなどから、
政策的立場は重商主義者とみなされるが、
その理論や方法においては、
近代的な経済学の始祖ともみなされる。

https://kotobank.jp/word/ペティ-129675
-------------------------------

イギリスでは、ウィリアム・ペティ(William Petty 1632-87)が
その著書「政治算術」の中で、
度重なる戦争で苦しい状況に追い込まれていた当時のイギリスの
人口や経済の実態を
オランダ、フランスと定量的に比較し、
国政に役立てるよう国王に献上しました。

http://www.stat.go.jp/teacher/c2epi1.html
-------------------------------

死後の1688年に妻のペティ夫人がシェルバーン男爵夫人に叙せられ、
長男のチャールズ・ペティがシェルバーン男爵となる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ウィリアム・ペティ
-------------------------------
統計学は歴史的産物である

-------------------------------

コメント