【安倍晋三】増税による税収増分のうち、社会保障分は1/5、残りは借金の返済分だったと発言。

(2016年09月25日)

seijika.png

安倍首相は2016日9月25日、
2019年10月に予定されている
消費税を8%から10%へと引き上げることに関して、
こう述べたのだ。

《2%の引き上げにより、
5兆円強の税収となります。

現在の予定では
この税収の5分の1だけを
社会保障の充実に使い、

残りの5分の4の4兆円余りは
借金の返済に使うこととなっています。

この考え方は、
消費税を5%から10%へと引き上げる際の前提であり、
国民の皆様にお約束していたことであります。

この消費税の使い道を
私は思いきって変えたい。》

(9月26日付産経新聞、以下同)

現在の仕組みだと、
消費税増税の税収5兆円のうち、
社会保障に使われるのは
たったの1兆円にすぎず、

残りの4兆円は
「政府の」借金返済に当たられる予定というのだ。

なんでこんなバカなことになっているのか。

原因は、民主党政権と財務省にある。

2012年、民主党の野田政権のとき、
「社会保障と税の一体改革」と称して
「消費税を増税することで
社会保障を手厚くする」という合意を
当時の民主党、自民党、公明党の三党が結んだ。

この三党合意に基づいて
消費税増税は実施されてきた。

ところがこの「三党合意」は、
増税の増収分の大半を
これまで政府が作った借金返済のために使い、
実際に社会保障に使うのは
僅か2割程度という
「詐欺」まがいの仕組みだったのだ。

もちろん、この合意に賛同した
自民党や公明党にも責任はあるのだが、
「これはおかしい」というのが
安倍首相の意見だ。

https://nikkan-spa.jp/1402495
--------------------------------

平成二十九年九月二十五日の
記者会見で安倍総理は、

「つけを未来の世代に回すようなことがあってはならない。

人づくり革命を力強く進めていくためには、
その安定財源として、
再来年十月に予定される
消費税率十%への引上げによる財源を
活用しなければならないと、
私は判断いたしました。

二%の引上げにより
五兆円強の税収となります。

現在の予定では、
この税収の五分の一だけを社会保障の充実に使い、
残りの五分の四である四兆円余りは
借金の返済に使うこととなっています。

この考え方は、
消費税を五%から十%へと引き上げる際の前提であり、
国民の皆様にお約束していたことであります。

この消費税の使い道を
私は思い切って変えたい。

子育て世代への投資と
社会保障の安定化とにバランスよく充当し、
あわせて財政再建も確実に実現する」

と発言し、
衆議院を解散することの妥当性を説明している。

併せて、

「これまでお約束をしていた
消費税の使い道を
思い切って大きく変えるという決断をいたしました」

「これは国民の皆様に
お約束をしていたことでもあります。

「代表なくして課税なし」。

税こそ民主主義であり、
国民生活に大きな影響を与える。

税制においてこれまで約束した
使い道を見直すとの大きな決断をする以上、
国民の皆様にその信を問わなければならない。

その判断を仰がなければならない。

こう決心をいたしました」

(「二九総理発言」という。)

とも発言している。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a197001.htm
--------------------------------

--------------------------------

"・消費税(当面10%)を含む
行財政抜本改革の一層の推進により、
持続可能で安定した財政を確立し、
財政の配分機能を回復します。

・消費税は社会保障以外には使いません。"

https://jimin.jp-east-2.storage.api.nifcloud.com/pdf/seisaku_ichiban24.pdf
-----------------------------------------
平成26年4月1日から消費税は現行の5%から8%に。

そこで、皆さんの疑問にお答えします。

Q.なぜ、いま、消費税率を引き上げるのですか?
何のための引き上げですか?

A.世界に誇れる私たちの社会保障制度を守るためです。

Q.消費税は、本当に社会保障のためだけに使われるのですね?

A.はい。消費税が、社会保障ではなく他の予算や減税のために
使われてしまうという心配はありません。

https://jimin.jp-east-2.storage.api.nifcloud.com/pdf/pamphlet/jimin_news_no169.pdf
------------------------------------------

コメント