「インボイス制度」が始まる。(年商1000万円以下の免税がなくなる)

(2023年10月)

free-illustration-document-seikyusyo-irasutoya.jpg

支出項目を正しく選別するための制度として、
現在は請求書等保存方式を採用していますが、

2023年10月から
適格請求書等保存方式、
いわゆるインボイス制度が
採用されることが決定しています。

https://keiriplus.jp/tips/invoice_ryuiten/

低所得者への負担の軽減として導入されるのが軽減税率。

その軽減税率の財源確保として導入されるのがインボイス制度。

インボイス制度の対象として見込まれるのは、約161万の小規模事業者。

彼らの年間の利益は、平均でたったの約150万円。

そこから15.4万円程を徴税するとのこと。

161万x15.4万円で、およそ2480億円の増収を見込んでいるそうです。

低所得者に配慮した軽減税率ですが、その財源は低所得者から取るそうです。

何もかもがメチャクチャです。

コメント