【福島県警】除染受注をめぐる収賄容疑で、環境省の職員を逮捕。

(2017年03月02日)

福島県内での除染事業参入をめぐり、
業者から接待を受けた見返りに
便宜を図ったとして、
県警と警視庁は2日、
環境省福島環境再生事務所の職員
鈴木雄二容疑者(56)=同県南相馬市=を
収賄容疑で逮捕した。

富山県高岡市の土木会社「大開工業」の元社長
小杉幹雄容疑者(63)=同市=も
贈賄容疑で逮捕した。

捜査関係者への取材でわかった。

除染事業に絡む汚職事件は
全国で初めてとみられる。

http://www.asahi.com/articles/ASK323DV5K32UTIL00J.html
--------------------------

捜査関係者によると、
民間の電気設備会社に勤務していた鈴木容疑者は
2015年4月、
3年の任期付きで事務所に採用され、
福島県の浜通り北支所で
同県浪江町の除染事業の
監督指導を担当するようになった。

遅くとも同年9月には、
土木工事会社「大開工業」(富山県高岡市)の元社長、
小杉幹雄容疑者(63)=贈賄容疑で逮捕=から
飲食や旅行などの接待を受けるようになったという。

大開工業は
16年2〜4月に
浪江町の除染事業の2次下請けとして参入し、
約2000万円で業務を請け負った。

https://ryukyushimpo.jp/mainichi/entry-454399.html
--------------------------

鈴木容疑者は
逮捕当時の住所こそ除染の拠点である福島県南相馬市だが、
家族は横浜市在住の単身赴任。

建設業界での勤務を経た後、
27年4月に福島環境再生事務所に
3年の期限付きで採用された。

公務員経験は2年足らずに過ぎない。

注目すべきは
逮捕容疑に示された接待の開始時期。

採用5カ月後の9月には
業者から接待を受け始めているのだ。

(中略)

「元々は民間業者出身で、
公共事業を受注する側が
発注側にまわってしまったようなもの。
こんな採用を行うこと自体が信じがたい」
と捜査関係者は憤る。

http://www.sankei.com/premium/news/170311/prm1703110032-n2.html
--------------------------
「福島環境再生事務所」

http://fukushima.env.go.jp/procure/index.html
--------------------------

迅速かつ円滑な除染の推進に向け、
平成24年1月1日の放射性物質汚染対処特措法の全面施行と併せ、
福島県に福島環境再生事務所を1月に開設し、
4月には5つの支所を開設しました。

http://josen.env.go.jp/about/office.html
--------------------------

鈴木容疑者は平成27年3月、
民間から福島環境再生事務所に就職。

除染事業の進行管理などの職務に従事していた。

職務を通じ、今年2月まで社長を務めていた
小杉容疑者と知り合ったとみられる。

http://www.sankei.com/affairs/news/170302/afr1703020019-n1.html
--------------------------

人事、環境省 (2014/4/1 5:00)

▽ (1日)東北地方環境事務所長(官房付)坂川勉
▽官房参事官、永島徹也
▽北海道地方環境事務所長、徳丸久衛
▽東北地方環境事務所保全統括官、関谷毅史

https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3103H_R30C14A3EE8000/
--------------------------

坂川 勉 環境省福島環境再生本部長

http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/kinkyu/committee/innovation/coast/2015/pdf/151029_01b.pdf
--------------------------

コメント