【東電】2021年からの「燃料デブリ」取り出しを断念。

(2017年10月31日)

原子力規制委員会の会合のなかで、
東電は
燃料デブリの取り出しについて
新たに格納容器に穴を開けたりはせず、
小型ロボットを投入して
小石や砂状の燃料デブリを
採取することを明らかにしました。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000113419.html

コメント