【国の地震調査研究推進本部】大地震の可能性に関する「長期評価」を発表。★

(2002年07月31日)

keijiban_tenji_kenkyu.png

三陸沖で、M8クラスの地震が
30年以内に起きる確率は、約20%、
50年以内に起きる確率は、約30%であると推定した。

-------------------------

国の地震調査研究推進本部が策定・公表する

「長期評価」は、
最も起こりやすそうな状況を予測したもの。

二〇〇二年七月三十一日に策定された長期評価は、
三陸沖北部から房総沖の日本海溝で、
マグニチュード(M)8クラスの地震が三十年以内に約20%、
五十年以内に約30%の確率で発生すると推定した。

原発の津波対策で考慮しなければならない合理的なものだ。

公表から数カ月後には想定津波の計算が可能だった。

東電が〇八年五月ごろ
「敷地南部で一五・七メートル」と試算した結果に照らし、
敷地地盤面を優に超える計算結果になったと認められる。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201703/CK2017031802000133.html
-------------------------

コメント