【安倍内閣】「骨太の方針」が閣議決定 外国人材の受け入れ拡大★

(2018年06月16日)

kaigi_man2.png

安倍総理大臣:

「質・量の両面で
人材を確保するとともに
生産性の向上により、
その潜在成長率を高めていくことが
急務となります」

外国人労働者の受け入れは現在、
大学卒業程度の知識がある人に限られていますが、
新たな方針では
一定の日本語能力と技能があれば
可能になる在留資格を新たに作る
としています。

一方、財政再建に向けて
政策にかかる経費を
借金に頼らずに賄う時期について、
5年先送りして
2025年度に設定しました。

また、来年10月に
消費税率を10%に引き上げる方針も
示しました。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000129684.html

コメント