難民認定制度を厳格化へ 急増受け一律就労許可廃止

(2017年12月27日)

法務省が、就労目的の難民申請が急増していることを受け、
厳格化した難民認定制度を
2018年から運用する方針を固めたことが
27日、分かった。

審査中でも
申請から6カ月後に
一律就労を認めている現制度を見直す。

借金逃れなど
明らかに難民に該当しないと判断した場合、
就労を認めず、在留期限後に強制退去とする一方、
難民の可能性が高い場合は
速やかに就労と在留を許可する。

https://this.kiji.is/318482321748526177

コメント