ヘルムート・コールが西ドイツの首相に就任。★

(1982年10月04日)

Germany.png

ヘルムート・コール首相は98年に退任するまで、
ドイツにおける移民の役割は大きくないと言い続けた。

「外国人」が既に人口の9%近くにまで
膨れ上がっていたにもかかわらずだ。

移民から目を背けてきたドイツは、
出稼ぎ労働者ら移民たちの社会への統合を阻むルールを作ってきた。

彼らをよそ者扱いすべく、
厳しい市民権取得条件が設けられた。

一方で「血統主義」を重んじ、
祖先にドイツ人がいるロシア人などは
簡単に市民権を取得することができた。

コールが退任して
ゲアハルト・シュレーダーが首相になった後、
市民権の取得条件は緩和されていった。

だがそれでも問題の解決には程遠い。

ドイツ最大の少数民族グループであるトルコ系住民の一部が
政治や芸術、ビジネスの世界で成功してはいるが、
単一文化的なドイツ社会で孤立しているトルコ系住民も大勢いる。

彼らの多くは、市民権の取得や社会参加にほとんど関心を示さない。

自分たちに対する偏見が今も残っていると感じているからだ。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2010/10/post-1754.php

バイエルンの財務官吏の3番目の子としてカトリック教徒の家庭に生まれた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘルムート・コール

コメント