文部科学省「児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験」開始

(2012年)

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/commu/1289958.htm
国際社会を生き抜く異文化コミュニケーション能力、世代間コミュニケーションの問題を克服する能力、そして、楽しい学校生活を送るための人間関係を形成していく能力、多様なコミュニケーション能力は、これからの時代を生きる子どもたちにとっての基礎的な能力となっています。
このような状況を踏まえ、文部科学省では、平成22年5月に「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子どもたちのコミュニケーション能力の育成を図るための具体的な方策や普及のあり方について議論を進めるとともに、平成22年度から文化庁「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」のメニューの一つとして「児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験」を展開し、芸術家等と教師の連携による芸術表現体験活動を取り入れたワークショップ型の授業を実施しています。
今後も、中・長期的観点から、コミュニケーション能力を育成するための方策等について本推進会議で検討を進めることとしています。

コメント