アスガー・ヨルンの回顧

(1967年)

アスガーヨルンが過去を振り返り「50年代後半と60年代初期の反芸術は、視覚芸術は創造性と思考のための媒体としては無用だと言明した」「重要だと見られたのは純粋存在、社会生活、都市生活、行動、そして思考、そうしたものへとアートの放射が浸透してゆくことだった」「われわれが実験芸術に参加するのは芸術への批評行為だ」と述べる

コメント