ケネス・ノーランド「ターゲット」シリーズ

(1958年)

blogger-image--3208998.jpg

blogger-image-2012861102.jpg

blogger-image-1115992631.jpg

blogger-image-520482788.jpg

blogger-image-2045452972.jpg

blogger-image-399072396.jpg

ケネス・ノーランドの[Targets](1958〜1962}のような作品は、下塗りしていないキャンバスに大胆な色使いを見せており、モダニストの典型的な作品と見られている。媒剤にとって非本質的と思われるもの、例えば物語性、リアリズム、言葉による解説、主題性やドラマと言った文学的あるいは劇場的要素を持ったものは、グリーンバーグによれば、作品の価値を貶める不純物と言うことになる。したがって彼はこう言った。「三次元性というのは彫刻の分野であるからして、絵画がその独立性を保つのには、彫刻と共通する要素は何であれ極力排除しなければならない」

コメント