ハンス・ハーケ「グラス・グロウズ」

(1969年)

blogger-image--2038784669.jpg

ハンス・ハーケは草の種をまぶした土で小さな塚をつくって展示した。ハンス・ハーケの初期の作品では加工の度合いはかなり低く、多くの場合、恣意的な或は自然な動きによって配置され、空間的確定要因に焦点を当てていた。ハンス・ハーケは声明書で「経験し、環境に反応し、変化し、安定していないもの。そういうものをつくる。光や温度の変化に感応するもの、気流に反応し、重力に頼って機能するもの。そういうものをつくる。自然なものを明瞭に表現する」

コメント