ローレンス・ウェイナーによる芸術宣言

(1968年)

1芸術家(私)が作品を作るかもしれない。
The artist may construct the piece.

2作品が(受け手によって)完成されるかもしれない。
The piece may be fabricated.

3作品は具体化される必要がない。
これらは等しく、かつ芸術家の意図と一致しているので、価値をめぐる決定は受け手の役にあるとき受け手に任される。
The piece need not built.
Each being equal and consistent with the intent of the artist the decision as to condition rests with the receiver upon the occasion of receivership.

コメント