【厚生労働省】受給開始年齢を75歳にすることを検討。(受給率は2倍)

(2019年01月26日)

厚生労働省は
公的年金の受給開始年齢を
75歳まで繰り下げられるようにする検討に入った。

毎月の年金額は65歳開始に比べて
2倍程度とする方向だ。

いまは70歳開始が上限だが、
一段と高齢になってから
年金をもらう選択肢をつくる。

働く高齢者を増やす呼び水にし、
元気な高齢者に
社会保障を支える側に回ってもらうのが狙いだ。

公的年金をもらい始める年齢は
現在60~70歳の範囲で加入者が選ぶことができる。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO40478930V20C19A1MM8000/

コメント