6世紀後半の日本列島に、仏教とともに天然痘が伝わる。

(1001年)

nigaoe_buddha.png

(※この年表では、西暦1000年よりも前の日付が無効となるため、便宜的に「1001年」としてあります。)

■天然痘が引き起こした内乱

6世紀後半、
聖徳太子の祖父にあたる欽明天皇の時代に、
大陸から百済をへて
日本に仏教が伝来しました。

それからまもなく、
瘡(かさ)、

現代でいう天然痘の記述が
『日本書紀』に登場します。

僧をはじめとする仏教関係者が
多数来日するなかで、
天然痘ウイルスが持ち込まれた
と考えられます。

天然痘は
急激な発熱や頭痛、
関節痛で始まる感染症で、
数日たつと
発疹があらわれます。

発疹は水ぶくれになって膿がたまり、
やがて、かさぶたに変わることから
「かさ」と呼ばれたのでしょう。

死亡率が20~50パーセントにのぼる
危険な病気で、

回復しても発疹のあとが
「あばた」として残りました。

『日本書紀』によると、
瘡にかかった人が国中にあふれ、

「身を焼かれ、
打ち砕かれるようだ」

と言い、
泣きながら死んでいった
というのですから、

まさにこの世の地獄です。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200317-00010000-php_s-bus_all

コメント