技能実習計画認定初の取り消し 愛媛の縫製会社 ★

(2018年07月03日)

働きながら技術を身に付ける「外国人技能実習制度」をめぐり、
法務省と厚生労働省は3日、
昨年11月に施行された技能実習適正化法に基づき、
愛媛県宇和島市の縫製会社「エポック」の技能実習計画を取り消した。

取り消しは同法施行後初めて。

同社は今後5年間、
技能実習生の受け入れができなくなる。

法務省によると、エポックは今年2~4月、
短期滞在の資格で入国した中国人2人を
不法に縫製工場で働かせていた。

5月に入管難民法違反の罪で
罰金30万円の略式命令が確定している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000545-san-soci

コメント