【佐藤内閣】著作権法が成立。(現行法)

(1970年05月06日)

book_law_hou.png

著作物とは、

「思想又は感情を創作的に表現したものであって、
文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」

のことを指す。

著作者の内心に留まっている思想・感情そのものは著作物ではなく、
著作物になるためには、それが表現されなければならない。

一方で、表現された物であっても、
それが思想・感情を表現したものでなければ著作物ではない。

「創作的」とは、
著作者の個性が表れていればよく、
必ずしも芸術性は必要でない。

例えば、幼稚園児が描いた絵であっても、
そこに個性が表れていれば著作物となる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/著作権法

https://ja.wikipedia.org/wiki/第3次佐藤内閣

コメント