【安倍内閣】70歳までの就業を企業に義務付けることを検討。★

(2018年11月26日)

政府は26日の未来投資会議(議長・安倍晋三首相)で、
成長戦略の方向性を取りまとめた。

70歳までの就業機会確保では、
企業に「多様な選択肢のいずれかを求める方向」と明記し、
将来の義務化を検討する方針を示した。

来夏に実行計画をまとめ、
早期の法制化を図る。
fuantei_ashikoshi_ojiisan.png

65歳までの雇用確保では、
企業に対し、
定年の廃止や引き上げ、
継続雇用制度の
いずれかを義務付けている。

70歳までの延長については、
当面は努力義務にとどめ、
企業の対応を促す考えだ。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018112600945

コメント